不要な服をただ処分して捨てる

不要な服をただ処分して捨てるのはもったいない!!

不要な服が発生した場合、処分の方法は2つです。

 

捨てるか売るかですが、、、

 

 

服を捨ててしまうのは、もったいないですね

 

どうせ処分するのであれば、

 

服 買い取りしてもらった方がいいかもしれませんよ?

 

↓おすすめの不要な服の買い取り店↓


 

このお店なら宅配サービス全無料で、

 

服を買取ってくれるのでおすすめかと思います。

 

 

 

 

服を処分する方法その@捨てる場合

さすがに服の虫食いが見える部分に何か所もある

 

という場合はもう処分しかありませんよね。

 

服を捨てる場合というのはどうすればいいのか。

 

ゴミだし表に衣類の捨てる日が設定されていなければ

 

燃えるゴミに出していいかと思います。

 

場合によっては衣類の日は決まっている場合がありますので

 

きっちり確認してから捨てましょう!

 

 

さてさて、捨てるうえでの注意点は

 

じつはこれだけではありません。

 

実は世の中には、

 

衣類ゴミの日を狙う変質者(笑)がいるそうです。

 

彼らのやっていることをストレートにそのまま描くと

 

衣類ゴミの日を狙って、夜中にゴミをあさり、

 

女性用下着などを持って帰って卑猥なことをする人たちです。

 

 

私も知った時は驚きましたが、

 

普通に考えて犯罪なわけですけど、

 

犯罪だ!犯罪だ!と言っても仕方ないし、

 

町で呼びかけてもおそらく効果は無いので

 

対策を教えます。

 

 

方法はおそらくひとつ。

 

「捨てる際に切り刻む」。これしかないでしょう。

 

元がなんだっ他かわからないぐらいまで切り刻みましょう。

 

別にみじん切りにする必要は無くて、

 

意外と簡単にできます。

 

厚手のものは正直取られても全く困ることは

 

無いかと思いますので、とりあえず、薄手の

 

下着類を切り刻みます。。。

 

以上!!

 

 

 

そうです、結構面倒臭いです。

 

ですが、こうでもしないとおそらく対策になりません。

 

他にも方法としては、

 

「とりあえず一回だけ試しに

 

衣類を捨ててることがバレバレな状況で捨てて、

 

次の日の朝確認してみて問題が無いかを確かめる。」

 

ということを聞いた気がしますが、正直これはないです。

 

こういう変質者は突然現れますし、

 

袋を破って開けた場合はわかりますけど

 

蓋をあけて確かめて閉じなおされた場合は正直気づきません。

 

さらには袋の中身をわからないようにするというのは

 

ゴミ出しの原則である、

 

中が見えない袋では捨ててはいけないというルールに

 

違反する行為でもありますからね。

 

 

その分、燃えるごみと同時に出していい地域では

 

紙などに紛れ込ませるだけでいいわけですから、楽ですよね。

 

 

これが面倒臭いという方は、

 

やはり買取店を利用しましょう。

 

買取店を利用すれば、お金も金額は大小それぞれですが

 

手に入れることが出来ますし、

 

仮に処分対象になったとしても、それは買取店側で

 

処分してくれるようになっています。

 

 

そう考えると買い取り店に出すというのは

 

手間も面倒臭さもお金もかからず

 

お小遣いが手に入るというように、

 

結構理にかなっている気がしますね!